麻雀の待ち

 

麻雀の待ちは基本的に6種類です。

その6種類が複合して多面待ちになります。

 

 両面(リャンメン)待ち

イーワンリャンワンサンワンスーワンウーワンローワンチーワンパーワンキューワンイーソウイーソウサンピンスーピン待ちはリャンピンウーピン

順子(シュンツ)の両端の2枚を待っている状態です。

麻雀では基本の待ちですね。

また、基本の役、平和(ピンフ)では、必須の待ちです。

 

 

 カンチャン待ち

イーワンリャンワンサンワンスーワンウーワンローワンチーワンパーワンキューワンイーソウイーソウサンピンウーピン待ちはスーピン

順子(シュンツ)の真ん中の牌を待っている状態です。

1つの牌ですから当然リャンメンよりはアガりにくくなります。

 

 

 ペンチャン待ち

イーワンリャンワンサンワンスーワンウーワンローワンチーワンパーワンキューワンイーソウイーソウイーピンリャンピン待ちはサンピン

イーワンリャンワンサンワンスーワンウーワンローワンチーワンパーワンキューワンイーソウイーソウパーピンキューピン待ちはチーピン

ペンチャン待ちも1つの牌を待つことになります。

必然的に3か7を待つことになります。

 

 

 シャンポン(シャボ)待ち

イーワンリャンワンサンワンスーワンウーワンローワンチーワンパーワンキューワンイーソウイーソウサンピンサンピン待ちはイーソウサンピン

どちらかが雀頭で、もう一方が刻子(コーツ)になる2つの牌を待つ状態です。

 

 

 ノベタン待ち

イーワンリャンワンサンワンスーワンウーワンローワンチーワンパーワンキューワンイーソウリャンソウサンソウスーソウ待ちはイーソウスーソウ

4枚の繋がった数字で2つの牌で雀頭を待つことになります。

 

 

 単騎待ち

イーワンリャンワンサンワンスーワンウーワンローワンチーワンパーワンキューワンイーソウイーソウイーソウスーピン待ちはスーピン

イーワンイーワンリャンソウリャンソウチーソウチーソウサンピンサンピントントンペーペーチュン待ちはチュン

イーワンキューワンイーソウイーソウキューソウイーピンキューピントンナンシャーペーハクチュン待ちはハツ

雀頭として、七対子で、国士無双で1つの牌を待っている状態です。

 

 

 

以上が麻雀の待ちの種類です。

これらが複合することで多面待ちになります。

単純な確率では、リャンメン待ちが1番アガりやすく、次がノベタン、単騎待ちが1番アガりにくいです。

カンチャン、ペンチャン、シャンポンなど、その他の待ちは同じ確率になります。