二面打ち

 

昨日、いつものようにDORA麻雀でサンマをやってたんですけど、卓が割れて新しい卓がなかったんで、自分で$4と$8の卓を立てたんですよね。

まあ、どっちか先に埋まった方で打とうと。

 

そしたら両方ともいきなり埋まっちゃって!!

 

忙しい!!

忙しい!!

 

サンマだからなおさら!!

 

字牌をポンしたいのに時間切れでできなかったり、いい牌をツモってんのに捨てちゃったり∑(; ̄□ ̄A

 

そんで、1回時間切れになったら次から制限時間が短くなるんですよね。

なおさら慌てて!!

 

 

結果は言うまでもないです。

どっちがどっちだったか忘れたけど、2位と最下位でした。

2位の方も35000点以下でマイナス・・・

 

誰かがリーチかけて、安牌なんか考えてたらもう一方の卓が時間切れになるし。

そんな状態でまともにプレイできるわけないですよね・・・

 

 

ポーカーなんかは制限時間が結構あるし、人数も多いから多面打ちってできるんですけど、麻雀、それもサンマの多面打ちは絶対やめた方がいいですね。

 

相当上手い人でも実力を発揮できないんじゃないかなあ

 

 

 

で、話はかわるんですけど、ポーカーって言ったら日本では5カードポーカーですよね。

でも世界的に主流なのはテキサスホールデムポーカーです。

年間に数億稼ぐプロポーカープレイヤーはゴロゴロいます。

 

ルールは簡単です。

すぐに覚えられます。

麻雀とは比べ物にならないほどシンプル。

だけど、

奥が深い。

 

『エベレストポーカー』というところで僕もプレイしてます。

 

それで、いつも思うんですけど、

「麻雀が強い人はテキサスホールデムポーカーも強いだろうな」

と。

 

ハンドリーディング(相手の手を読む)や確率論、降りるか勝負するかの決断など共通する部分が多いんです。

『エベレストポーカー』は日本人に特に優しいので、興味のある方はぜひテキサスホールデムポーカーを体験してほしいなと思います。

麻雀好きなら、その面白さにハマると思います。

僕のように^^

※エベレストポーカーは大手に吸収合併され、日本語対応じゃなくなりました。。。

 

押してくれると喜びますm(_ _)m
にほんブログ村 その他趣味ブログ 麻雀へ

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)